News

2016/04/01
平成30年4月から,学部改組で,物理情報工学科ができます(大学HP参照)。私はそちらに移動予定。なんと!,生物物理コースも出来ます。狭き門となるとは思いますが,ぜひ!これを読んでる高校生のみなさん,目指してね!生物物理は,生物と物理を学べます。21世紀のイノベーションの一つは,ここにあります。ソフトマターの研究対象は,まさに生物物理ですから。リンク
2016/02/16
コレステリック液晶相のピッチ軸に平行に外場を印加した時の,ねじれたコレステリック相についての理論が,Liquid Crystalsに掲載されました。(先着50名の方は無料で論文のPDFがダウンロードできます。雑誌, Liq. Cryst.のサービスです。)リンク
2015/07/08
電場や磁場などの外場によるコレステリック液晶と高分子の混合系でおこるTwist-untwist 転移に関する論文が、MCLC に掲載されました。リンク
2015/05/05
コレステリック液晶ゲルの体積相転移の論文が、J. Chem. Phys.に掲載されました。リンク
2015/04/01
4年生4人が研究室に配属。リンク
2015/03/27
コレステリック相の二軸性に関する論文が、Liquid Crystal に掲載されました。リンク
2015/02/05
コレステリック液晶の理論の解説を書きました。リンク
2014/11/13
高分子と液晶の混合系のコレステリック相に関する論文がJ. Chem. Phys.に掲載されました。リンク
2014/07/19-20
オープンキャンパスで研究室公開をします。「身近にあふれるソフトマター」。リンク
2014/05/07
ホームページを新しくしました。

  • for iPhone(スマートフォン用のホームページ)

p10.jpgp10.jpg

🔵 Subjects

研究概要,最近の研究成果:
ソフトマターの統計力学的理論と計算機シミュレーション。

DSC_0018.JPGDSC_0018.JPG

🔵 Member

研究室のメンバー

IMG_1836.jpgIMG_1836.jpg

🔵 Soft Matter

ソフトマター

IMG_1354.jpgIMG_1354.jpg

🔵 Projects

研究プロジェクト,科研費

IMG_2035.JPGIMG_2035.JPG

🔵 A. Matsuyama

松山明彦, Conferences, Journals,
Mac OS, PDFファイル, Scotland,

DSC_0134.JPGDSC_0134.JPG

🔵 Publications

出版物,論文など

IMG_2769.JPGIMG_2769.JPG

🔵 Classes

担当授業

PICT0123_2.JPGPICT0123_2.JPG

🔵 Link

リンク

ソフトマター物理の研究室です。

研究棟 部屋番号W820
Tel : 0948-29-7829 Fax : 0948-29-7829
mail : matuyama@bio.kyutech.ac.jp
http://iona.bio.kyutech.ac.jp/~aki/


(国立大学法人)
九州工業大学 情報工学部 は,
博多からJRで新飯塚まで1時間ぐらいです。
福岡空港から高速バスで1時間くらいです。

教授 松山明彦(工学博士)😊

所属:
(国立大学法人)九州工業大学大学院
情報工学研究院 生命情報工学研究系

九州工業大学 情報工学部 生命情報工学科newlogo.gif

〒820-8502
福岡県飯塚市川津680-4

Professor Akihiko Matsuyama
Department of Bioinformatics and Systems Engineering,
Kyushu Institute of Technology,
Kawazu, 680-4, Iizuka,
Fukuoka, 820-8502
Japan